GraphicDesign
グラフィックデザインとは

グラフィックデザインとは、平面上に伝達内容を美的かつ効果的に表現することです。そして、消費者・利用者にメッセージを伝えるコミュニケーションツールだと、私たちは考えています。

主にロゴマーク、名刺、チラシ、パンフレット、リーフレット、ポスター、会社案内、サイン関係.......等々。
事業ニーズ・コンセプト・マーケティングに合わせて提案していきながら、エンドユーザー(消費者)にストレートに伝わるよう表現していきます。

私たちが、出来ること
あなたのお店・施設をブランディング
私たちは、新しい価値を創造するビジネスパートナーとなります。
「魅力」×「仕組み」×「仕掛け」を共に考え、立案していき、デザインでブランドを創ってまいります。
販促物 何が必要かわからない・・・。
オーナー様に専門知識が無くても大丈夫です。私たちにおまかせ下さい!!!
私たちは、様々な業種の開店・開院のお手伝いをさせていただきました。それらの経験と知識で、あなたのお店に本当に必要な販促物を、ご予算内でご提案させていただきます。
「納品して終わり」ではない クオリティ管理も重要
ブランディングを維持するための、クォリティ管理にも私たちは重視しております。
コンセプトに沿って創ったものをブレずに維持していただきたいからです。
その時々(季節・時代・環境・仕掛け・予算)に、合ったものを立案・制作してまいります。
写真撮影
視覚的効果

 

 

 

 

 

 

販促物制作の流れ
まずは情報整理から始まる
お客様の「こんな◯◯をつくりたい」というご要望をヒアリングし、どんな目的を持っているのか、どんなビジョンがあるのか、エンドユーザーは誰か、同業他社の動向はどうか、何が必要なのか、到着地点を考えながら、必要な表現コンセプトのアウトラインを企画立案します。
デザイン制作で重要なこと
企画・計画案をもとにプロトタイプ(試作・ラフデザイン)を作成し、最終的なデザインを確定します。視覚で感じるデザインだけではなく、ユーザーの利益のためのデザインを追及しています。その為には、毎回チャレンジするという柔軟性を武器に、わたしたちは新しい発想や技術を取り入れてデザインに挑んでいます。
写真の完成度・印刷のクォリティなど、他業者とのコミュニケーションも大切にして、良いものを作るという同じ目標を持ったものたちとワークフローさせて貰っています。
デザイン制作の結果
デザインしてそれで終わりではありません。結果を検証し、次の制作の時に、何が必要なのかがみえてきます。制作のワークフローだけでなく、調査のワークフローを企画当初から見据えて構築していくことは、重要なポイントです。お客様の企業価値を高めるためにも、ブランド改善による価値向上を目指します。
販促物制作の流れ